岡山LSCについて

名 称
本団体は、岡山ライフセービングクラブと称する
(略称をOLCとする)。
経 緯
1996年、「自分たちに出来ることをやっていこう」を合い言葉に、日本赤十字社職員である元代表の武久を中心に発足。岡山県玉野市にある渋川海水浴場を拠点とし、活動を開始する。
翌年には、岡山県で初めてJLA公認ベーシック・サーフ・ライフセーバー養成講習会を開催。 同年、JLA公認クラブとして認定される。
2000年からは日本赤十字社の奉仕団に登録。中国地方での認知度が低いことなどから、活動は社会人中心で行っている。
基本理念
本団体は、海水浴場等の遊泳場において起きうる自然破壊、環境汚染および事故等に対し、ボランティア精神に基づいて実践的にフォロー(防止、救助、指導および普及)していく
活動
夏期パトロール: 渋川海水浴場に於いて、海開き
(6月の最終土曜日)より8月の最終日曜日まで、土日祝日のみ行っている。 その他のパトロール:
1999年より、瀬戸大橋のある街で有名な倉敷市児島で行われているトライアスロン大会のアクア部門のガードを一部担当。 定例ミーティングおよび海水浴場の清掃活動:
毎月第3日曜 年次総会: 4月第3日曜 講習会:
1997年より、毎年JLA公認エレメンタリー・ライフセーバー、ベーシック・サーフ・ライフセーバーおよびアドバンス・ライフセーバーのいずれかの講習会を実施。
ライフセービングの普及に努める。